つげ櫛 手付き櫛 4寸2分 さし荒 14オクリ 合わせ手付き 4.2寸 手付櫛 てつき 柄付 さつま つげ櫛 薩摩つげ櫛 薩摩つげ材 日本製 国産 【優れものA】

型番 手付4寸2分14さし荒(新2)
販売価格 13,200円(税1,200円)
購入数

※当商品は、売り切れ後、再入荷するのに一年程お時間いただくこととなります。商品在庫があるうちにお買い求め下さいませ



当店取扱の「つげ櫛」は、国産の薩摩柘植(さつまつげ)を使い、伝統ある職人さんが匠の技で仕上げている芸術品です。
その薩摩つげ櫛を作る工程は、まず、原木の黄楊(つげ)を乾燥させる作業から始まります。乾燥させる理由は、原木のわずかな「反り」を修正する為です。乾燥期間は1年以上、気候によっては、さらに数年掛かります。また、乾燥させる前には、燻部(くすべ)で約2週間ほど「燻蒸(くんじょう)」と呼ばれる、煙をたいて燻した、いわゆる木の燻製(くんせい)をつくります。燻蒸することで、乾燥させた時に木が熟成され、歯こぼれのしにくい丈夫な木になります。
乾燥させ熟成させておいた原木を「板削り(いたけずり)」という作業で表面を削ります。この際に木に細かい傷がないかチェックします。次に機械で「3寸5分」「4寸」などのサイズに合わせた木型を作り、その後「歯挽き(はびき)」をして歯を作ります。そして、ヤスリで一本一本丁寧に歯を仕上げていく「歯摺り(はすり)」や「根ずり」を行います。歯すりの前にはその前にやすりを通りやすくするために「先付け(さきつけ)」という作業で先を細くします。歯すりや根ずりは機械ではできない職人技なので、薩摩つげ櫛である証拠とも言えます。これはまさに、歯に命を吹き込む作業となります。「荒歯」は「中歯」よりも歯すりに時間がかかるためお値段も上がります。
歯が出来上がると、「解き櫛」「パーマ櫛」「手つき櫛」などの櫛の形に成型し、最後に数種類のペーパーを使って丁寧に研磨仕上げを行い、ようやく黄楊櫛の完成となります。

これは解いたリセットしたり、外出用に便利です。
一枚板で作っているのでしっかりとして便利です。
持ち手が欲しい方にお勧めです。
天然素材のため静電気が起きにくいのが特徴です。

●合わせ手付き櫛(てつき)4寸2分14オクリ(さし荒)
手付き櫛は、デザインが曲線的で男性、女性共に人気があります。持ち手が欲しい方にお勧めです。

<仕様>
サイズ:幅12.8cm×高さ3.2cm×厚み0.8cm×歯間0.27cm
材質:国産薩摩柘植(さつまつげ)
製造:泉州貝塚市(和泉櫛)
※手作り商品の為、若干サイズに誤差が生じる可能性がございます

<ご使用上の注意>
●新しいつげ櫛はご使用の前に、椿油か植物性の油を十分に浸み込ませてからお使い下さい(※当商品は既に「椿油仕上げ」致しておりますので、そのままでもお使い頂けます)
●水や湯で洗いますと光沢がなくなり狂いを生じますので避けてください
●ドライヤーのご使用は避けてください
●歯の間が汚れた時は、歯ブラシに椿油か植物性の油を付けて汚れを落としてください

<櫛のお手入れ方法>
1、お手入れ用のはけ、または歯ブラシと、椿油を用意します。
2、全体、特に歯を中心に、椿油をつけます。ハケや歯ブラシで軽くこすって油をなじませ、その後、20分から30分、時間をおきます。
3、汚れが浮き上がってきていますので、はけでしっかりかき出します。特に根元の部分をかき出すと、きれいに汚れが落ちます。
4、ある程度汚れが出たら布やティッシュで拭き取りとります。そして3時間から4時間程置くと、椿油が櫛の中に染み込んで光沢が出ます。

※2010年8月よりメーカーが変わりました。
※2014年12月より再度メーカーが変わりました。
 (材質・品質に変わりはありません)

【関連商品はこちら(椿油、ケース等)】
■(別売)【天然椿油(55ml)】
■(別売)【解櫛(ときくし)3寸5分用ケース】
■(別売)【パーマ櫛(かもじ櫛)3寸5分荒歯】
■(別売)【つげブラシ(薩摩つげ材)[4列]】

SNS
ブログ
フェイスブック
ツイッター
インスタグラム












優れものA 光の森店
デパート百貨店販売情報
PayPal
EMS